名古屋駅のコインロッカーまとめ

先日、友人が名古屋に遊びに来ました。コインロッカーにスーツケースを預けてから、一緒に名古屋観光することに。

案内看板もろくに見ず、一直線にスタスタとロッカーの場所へ案内する僕を見て、彼女は…

爆笑ガール

ホント頼りになる!私一人だったら、ロッカーを探すだけで1時間はかかりそうだわ

と言っていました。1時間は冗談だとしても、ただでさえロッカーの数が少ないと言われる名古屋駅

コインロッカー

慣れていないと、彼女同様、空きロッカーを見つけるだけで一苦労というケースも多いのではないでしょうか。そこで今回の記事に…

  • 名古屋駅のコインロッカーの場所
    (地図付き/料金・サイズ・個数も)
  • 空き状況をスマホで確認できるサービス
  • 僕がよく利用するおすすめロッカー

といった情報をまとめておくことにしました。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

駅ごとにロッカーの場所を載せますので(JR/新幹線/地下鉄/名鉄/近鉄)、現在地や目的に応じてご活用いただければと!

まずは、JR名古屋駅近くのコインロッカーから紹介します。なお、目次の章をタップすると、該当の場所に飛べますよ。


JR名古屋駅のコインロッカー

JR名古屋駅のコインロッカーの場所

コインロッカー
(総数)
サイズ(料金)×個数
1中央コンコース
(53個)
小(400円)×53
2中央コンコース北
(500個)
  • 特大(800円)×8
  • 大(600-700円)×85
  • 中(500円)×101
  • 小(400円)×306
3広小路口
(257個)
  • 大(600円)×24
  • 中(500円)×66
  • 小(400円)×167
4バスターミナル南
(262個)
  • 特大(800円)×8
  • 大(600-700円)×47
  • 中(500円)×36
  • 小(300-400円)×171
5桜通口地下
(269個)
  • 大(600円)×39
  • 中(500円)×76
  • 小(300円)×154

まずはJR名古屋駅のコインロッカー。おすすめは、太字で示した中央コンコース北のコインロッカーです。

  • ロッカーの設置数がダントツで多い
  • 人の流れから外れており、意外と穴場

この2つがおもな理由ですね。人の流れから外れているとはいえ、案内看板も出ていますので、安心していただければと。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

僕自身もよくココを利用します。ライブ・イベントで、ナゴヤドームやポートメッセなごやに行くときなどに、荷物を預けるんです


中央コンコース。看板(画像上)にコインロッカーへの案内が出ています

【補足1】ロッカーコンシェルジュで空き情報を見られます

ロッカーコンシェルジュ(JR名古屋駅)

Webサイト・ロッカーコンシェルジュ(空き状況案内システム)のスクリーンショットです

なお、JR名古屋駅のコインロッカーは「ロッカーコンシェルジュ」で空き情報をチェックできます

サイズによる絞り込みもできるので、駅に向かう電車の中などで、一度目を通しておくと良いのでは。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

先日、東京駅を利用した際も、このサイトで空き状況を確認しました。以下にリンクを載せておきますね



【補足2】新幹線ならエスカ地下街のロッカーも狙い目

新幹線名古屋駅のコインロッカーの場所(エスカ地下街)

エスカ地下街コインロッカー(200個)

  • 大サイズ(600円):30個
  • 中サイズ(500円):60個
  • 小サイズ(300円):110個

新幹線の場合、エスカ地下街のコインロッカーも狙い目です。太閤通口前のエスカレーターを降りて左側に設置されていますよ。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

エスカレーター脇にエレベーターもあります。重い荷物を抱えていても安心


太閤通口。右前方のエスカレーターを下ります

引き続き、地下鉄東山線付近のコインロッカー紹介に移ります。

地下鉄東山線のコインロッカー

地下鉄東山線名古屋駅のコインロッカーの場所

コインロッカー
(総数)
サイズ(料金)×個数
1北改札口
(113個)
  • 大(600円)×13
  • 中(500円)×20
  • 小(300円)×80
2南改札口1
(30個)
  • 中(500円)×15
  • 小(300円)×15
3南改札口2
(91個)
  • 大(600円)×6
  • 中(500円)×15
  • 小(300円)×72

地下鉄東山線付近のコインロッカーです。おすすめは北改札口のロッカー

「どの階段がどの改札につながっているか、ホーム上で落ち着いて確認する」のが、迷わないためのコツです。僕も意識しています。

地下鉄桜通線のコインロッカー

地下鉄桜通線名古屋駅のコインロッカーの場所

コインロッカー
(総数)
サイズ(料金)×個数
1西改札口1
(84個)
  • 大(600円)×24
  • 中(500円)×20
  • 小(300円)×40
2西改札口2
(62個)
  • 大(600円)×2
  • 小(300円)×60
3西中改札口
(21個)
  • 大(600円)×12
  • 中(500円)×9
4東改札口
(29個)
  • 大(600円)×2
  • 中(500円)×12
  • 小(300円)×15
5連絡通路
(116個)
  • 大(600円)×16
  • 中(500円)×30
  • 小(300円)×70

地下鉄桜通線付近のコインロッカーです。連絡通路のロッカーが設置数も多くオススメですね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

とはいえ、①(西改札口1)のロッカーも、大型サイズの設置数が多くて捨てがたい

引き続き、名鉄名古屋駅・近鉄名古屋駅付近のコインロッカーも紹介していきます。

名鉄名古屋駅のコインロッカー

名鉄名古屋駅のコインロッカーの場所

コインロッカー
(総数)
サイズ(料金)×個数
1名鉄タクシーのりば
(70個)
  • 大(700-800円)×20
  • 中(500円)×10
  • 小(300円)×40
2中央改札口
(32個)
小(300円)×32
3南改札口
(16個)
  • 特大(900円)×1
  • 大(700円)×1
  • 中(600円)×3
  • 小(300円)×11
4西改札口
(15個)
  • 大(700円)×6
  • 中(600円)×9

名鉄名古屋駅付近のコインロッカーです。おすすめは名鉄タクシー乗り場横のコインロッカー。

ジャンボ期間中は、宝くじ売り場(名古屋ラッキーセンター)も分かりやすい目印になりますよ。

近鉄名古屋駅のコインロッカー

近鉄名古屋駅のコインロッカーの場所

コインロッカー
(総数)
サイズ(料金)×個数
1地下改札口
(156個)
  • 大(700円)×8
  • 中(500円)×18
  • 小(400円)×130
2正面改札口
(80個)
  • 大(700円)×5
  • 中(500円)×5
  • 小(400円)×70

ラストは近鉄名古屋駅付近のコインロッカー。地下改札口を出た所のロッカーが、数も多く狙い目です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

その他のコインロッカー設置施設も、以下に挙げておきます。いざという時の救世主になるかも


【参考】その他コインロッカーのある施設

  • KITTE名古屋(1Fローソン横)
  • JRゲートタワー(2F北エレベーター前)
  • ウインクあいち(地下1階)


合計で1000を超えるコインロッカーを紹介してきました。おすすめの場所を1つだけ挙げるなら、やはりJR中央コンコース北のコインロッカーですね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

設置数が多いのに加え、少し奥まった場所にあるのがミソ。仮にココが一杯でも、その場で落ち着いてスマホを見ながら、次に狙うロッカーを探せますので

結びに代えて、JR名古屋駅のコインロッカーをまとめた地図をのせておきます。赤いピンの場所がJR中央コンコース北ロッカーの入口です。

なお、地図右上の四角いマークをタップすると、グーグルマップが起動します。今いる場所(現在地)が分かり、ナビ代わりに使えますのでご活用ください。

あつた蓬莱軒本店ひつまぶし

また、名古屋駅で「ひつまぶし」を食べられるお店のまとめ記事も以下にご用意しております。名古屋めしをご堪能ください。それでは!