豊田スタジアム(愛知県豊田市)01

なごやっくす(Twitter@dera_nagoyadash)です。名古屋に遊びに来る友人から「名古屋駅から豊田スタジアムへの行き方」をよく質問されるので、このページに分かりやすくまとめておくことにしました。

  • 初めて豊田スタジアムに行くつもり!
  • 一番ベタなアクセス方法を知りたい
    (地下鉄東山線です。くわしく解説します)
  • 高速バス1本で行けたりするかな?

といった場合などに、ぜひ参考にしていただければと。まずは、各アクセス方法の所要時間と料金をひとまとめにした表をお見せしますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

サッカー観戦(名古屋グランパス&日本代表戦)・ラグビー観戦(トヨタヴェルブリッツ)や、ライブ・コンサートなどのイベント参戦時にご活用ください!

【はじめに】行き方をサクッと比較

名古屋駅から豊田スタジアムへのアクセス方法3つを、表にまとめたものが以下になります。

移動手段所要時間料金
地下鉄東山線約1時間10分780円
地下鉄桜通線約1時間15分780円
名鉄電車約1時間10分810円

「時間」「料金」「分かりやすさ」のバランスから、地下鉄東山線を使った移動が一番人気。僕も東山線を利用するケースが多いです。
ということで、表の上から順番に、それぞれの行き方の補足説明をしていきますね。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

高速バス利用(名鉄バス近距離高速「名古屋・豊田線」)も過去には選択肢にあったのですが、2020年3月31日をもって廃止となりました

地下鉄東山線でのアクセス

名古屋駅から豊田スタジアムへのアクセス(地下鉄東山線利用)01

地下鉄東山線スタート(約1時間10分・780円)

  1. 名古屋駅から東山線で伏見駅へ(1駅3分)
  2. 伏見駅で鶴舞線に乗り換え、豊田市駅へ(21駅45分)
  3. 東口から徒歩17分で豊田スタジアムに到着

まずは地下鉄東山線から。東山線の藤が丘行き(栄・東山公園・藤が丘方面)の電車で伏見駅に向かいます。途中停車駅はありません。

伏見駅に着いたら鶴舞線に乗り換え。豊田市行き(赤池・豊田市方面)の電車に乗って、終点の豊田市駅へと向かいましょう。
なお、赤池駅を境に、鶴舞線は名鉄豊田線へと切り替わります(相互乗入れ)。伏見駅から豊田市行きの電車に乗れば、そのまま豊田市駅まで行けるのでご安心を。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

伏見駅へは、豊田市行きと赤池行きの電車がおおむね交互にやって来ます。赤池行きの電車に乗ってしまっても、一旦赤池駅で降りて、豊田市行きの電車に乗り直せば大丈夫です

豊田市駅から豊田スタジアムへのアクセス(徒歩ルート)01
© OpenStreetMap contributors

豊田市駅に着いたら、東口から駅の外へ。真っすぐ東へ17分(1.3km)ほど歩けば豊田スタジアムに到着です。

【補足】豊田市駅から路線バスも

豊田市駅東口からは路線バスも出ています(おいでんバス)。スタジアム最寄りのバス停「豊田スタジアム東」への所要時間は5分で、運賃は100円。サッカーの試合開始前などには本数が増便されるケースも多いです。

>>[参考]おいでんバス時刻表|みちナビとよた

地下鉄桜通線でのアクセス

名古屋駅から豊田スタジアムへのアクセス(地下鉄桜通線利用)01

地下鉄桜通線スタート(約1時間15分・780円)

  1. 名古屋駅から桜通線で御器所駅へ(8駅15分)
  2. 御器所駅で鶴舞線に乗り換え、豊田市駅へ(16駅35分)
  3. 東口から徒歩17分で豊田スタジアムに到着

続いて地下鉄桜通線を利用する行き方です。桜通線の徳重行き(今池・新瑞橋・徳重方面)の電車で御器所ごきそ駅に向かいます。
御器所駅に着いたら鶴舞線に乗り換え。豊田市行き(赤池・豊田市方面)の電車に乗って、終点の豊田市駅へと向かいましょう。

豊田市駅(名鉄三河線)
豊田市駅

豊田市駅に着いたら、東口から駅の外へ。真っすぐ東へ17分(1.3km)ほど歩けば豊田スタジアムに到着です。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

最終的に鶴舞線に乗車するので、はじめの東山線利用と大きな違いはありません。個人的には、名古屋駅から1駅の伏見駅で乗り換えたらあとはずっと電車に乗っていられる、東山線利用のほうが気が楽かなぁという感じです

名鉄電車でのアクセス

名古屋駅から豊田スタジアムへのアクセス(名鉄電車利用)01

名鉄でのアクセス(約1時間15分・810円)

  1. 名鉄名古屋駅から急行列車で知立駅へ(7駅25分・名古屋本線)
  2. 知立駅で三河線に乗り換え、豊田市駅へ(7駅24分)
  3. 東口から徒歩17分で豊田スタジアムに到着

最後は名鉄での行き方です。名鉄名古屋駅から名鉄名古屋本線「東岡崎・豊橋方面」の急行列車に乗って、知立ちりゅう駅に向かいます。(特急・快速特急でも可。その場合、一部特別車あり)

知立駅に着いたら名鉄三河線に乗り換えです。「豊田市・猿投方面」(猿投行き)の電車に乗って、豊田市駅へと向かいましょう。豊田線は普通列車のみの運行です。
豊田市駅に着いたら東口へ。東へ17分(1.3km)ほど歩けば豊田スタジアムに到着します。

ぼく(なごやっくす)ぼく(なごやっくす)

時間・料金ともに地下鉄と大差ありませんが、名鉄名古屋駅のホームにさまざまな行先の電車が次々とやってくるので、初めての人向きではないかも。とはいえ、何かあったときのために覚えておいて損はありません

桜通線画像出典:桜通線の車両6050形電車 via Wikimedia Commons とあ鉄 CC BY-SA 3.0(加工済)

名古屋駅から豊田スタジアムへのアクセスまとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。まとめとして、ページ前半の表を再掲載します。

移動手段所要時間料金
地下鉄東山線約1時間10分780円
地下鉄桜通線約1時間15分780円
名鉄電車約1時間10分810円

こうして改めて見ても、テッパンなのはやっぱり地下鉄東山線利用かなぁ。参考になれば幸いです。

参考URLなど

【参考】豊田スタジアム遠征時のホテル

豊田スタジアム近く(豊田市駅エリア)・伏見駅エリア・名古屋駅エリアで評判の良いホテルを、それぞれ1つずつ挙げておきます。掲載のホテルを基準に、立地・料金などの条件をすり合わせながら予定を立ててみてはいかがでしょうか。